日々のトレーニング

朝の坂トレ再開、痩せる歩き方のポイントと成功するやり方

投稿日:

10月21日に大会が終わって、しばらくのんびりしてました。


休足と平日の短いランぐらい。


今日ぐらいから、坂道トレーニング再開してみました。


いつもの標高110m、白鶴美術館前から大阪方面




えっちらほっちら、標高340mの渦が森展望公園から大阪方面




少し降りて、渦が森4丁目バス停前から神戸方面





ダダっと降りて終了。





6.5㎞、53分弱。


ちょっとしたトレーニングになりました。


やはり、毎日、継続するのが大切ですね。



痩せる歩き方のポイントと成功するやり方【太もも・お腹・ふくらはぎ】

痩せる歩き方のダイエットのポイント【距離や時間】

①大股で歩く
大股で歩くためには体のバランスを崩さないようにする必要があるため、軸(インナーマッスル)が鍛えられ、体の外側だけではなく奥の筋肉も効率よく鍛えることができます。

また、両手を振ってバランスをとろうとするため、全身の運動になり消費カロリーがアップします。

②早足で歩く
普通のスピードで歩くよりもやや早足で歩いた方が、消費カロリーは1.2~1.3倍も高くなると言われています。

ただし、早すぎると疲労の蓄積や怪我の原因になるため、最初から無理をせずに徐々にスピードを上げていくようにして下さい。

③目安は1時間
体重などの個人差にもよりますが、一日1時間痩せる歩き方で歩くと、1ヶ月で1kgの減量に繋がると言われています。

ただし、日常生活において一時間続けて歩くことは困難という方がほとんどではないでしょうか。

その場合は、通勤で20分、社内や自宅の中で20分、コンビニなど買い物に20分のように、一日のトータルで一時間になるようにしてもよいそうです。
(痩せる歩き方のポイントと成功するやり方より)




意識して、体力増強、すきっとした下腹部とヒップアップにつなげたいですね。













-日々のトレーニング

Copyright© ロクじいさんの六甲山を歩こう!登ろう!アウトドアのすすめ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.