アウトドア

住吉川ジョギングコースでキショウブやシランなど、春の花を楽しむ。

投稿日:

おはようございます。
六甲山大好き、ロクじいさんです。

今日は、友人らとBBQに行く予定。
朝、のんびり住吉川を2週ほどジョギングしました。

昨日、よく雨が降ったようで、10㎝ぐらい増量していますね。
六甲山は、雲がかかっていますが、だんだん天気も回復に向かっている感じ。


河口側を見るとこんな感じ。


たくさんの人がウォーキングやジョギングを楽しまれています。
一番河口側まで来ると、川から道路に登って、橋で折り返すことになります。

それよりもさらに河口側をみると

右上に見えるのは、六甲アイランドに行く六甲ライナーですね。
山側を見るとこんな感じ



ちょっと古くなった看板ですが、全貌です。


この東側には、鉄棒のようなぶら下がれる遊具があります。


このさらに東南ちょっと行ったところにローソンがあり、水分や栄養補給、またお手洗いを借りることもできますので、ありがたいです。

ずっと、2㎞強登ると、折り返しになります。
このように、一周、4.5㎞のコースになっています。

幅も広く、走りやすいコースですね。

このコースには、たくさんのお花が咲いています。


これは、黄菖蒲(キショウブ)ですね。

黄菖蒲(キショウブ)
花言葉 「幸せを掴む」「信じる者の幸福」
開花時期 4~6月

このお花はとってもきれいですが、繁殖力がとっても強いことが知られています。
環境省の要注意外来生物に指定されています。

菖蒲の中でも、きれいな黄色の花を咲かせます。
黄色が幸せの色とされており、それが花言葉の「幸せをつかむ」の由来ですね。

 キショウブ
特徴
花茎の高さは60-100 cmになる。葉は幅2-3 cm、長さ60-100 cm、剣形で中脈が隆起し明瞭で、縁は全縁。花期は5-6月で、アヤメやノハナショウブと同じ、外花被片が大型の広卵形で先が下に垂れ、内花被片が小型で直立した、黄色の花を咲かせる。外花被片の中央に茶色がかった模様がある。和名は花が黄色であることに由来し、斑入葉や八重咲きなどの園芸種がある。(wikipediaより)


その他にもいろいろな花が咲いています。


これは、シランですね。
ランの中でも育てやすく、ガーデニングでも人気がある品種です。
川辺の花壇できれいに咲いていました。

鮮やかな赤紫の花がとってもきれいで、高貴な雰囲気ですね。
別名「ベニラン」「シケイ」 
花言葉「お互い忘れないように」
開花時期 4~6月

シラン
形態・生態
地下にある偽球茎は丸くて平らで、前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている。

葉は、最も新しい偽球茎から根出状に3枚から5枚程度出て、幅の広い長楕円形で、薄いが堅く、表面にはたくさんの縦筋が並んでいる。

花期は4月から5月。花は紫紅色で、30から50cm程度の花茎の先に数個つく。花弁は細長く、あまり開ききらないような感じに咲く。観賞用に、花の色が白色のもの、斑入りのもの、淡色花、花弁が唇弁化した「三蝶咲き」などがある。


この時期から、色とりどりのお花が楽しめます。
ジョギングしながら、のんびりお花も見て、覚えておくといいですね。

皆さんも、ぜひ、可愛いお花をチェックしてくださいね。
それでは、素敵な一日をお過ごしください!







-アウトドア

Copyright© ロクじいさんの六甲山を歩こう!登ろう!アウトドアのすすめ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.